便秘の原因を把握し適切に処置をする

最近便秘がちと感じている方はその原因を特定することにより、日常生活の見直しにも繋がり、毎日の体調管理もとても健やかになります。便秘と言うと思う当たることとして野菜不足かなと考えますが、原因に特定にはまず多種多様であることを理解しておきます。だからこそその原因を特定することで便秘が早急に解決するようになります。

まず野菜不足という面から食物繊維不足の原因があります。日本においては過去このような便秘が少ない状況でした。終戦直後と比べると今は1日当たりの食物繊維の摂取量が半分以下まで減少しています。以前は食物繊維は不要と考えられ、20世紀からは見直されて、食物繊維は消化だけでなく、吸収や排便にまで非常に重要と言う結果になりました。

日本人において最も多い便秘としては弛緩性便秘と言われています。これは大腸の運動や緊張が低下する事で便が滞留し硬くなることによって起こる便秘と言われています。便秘がちでたまにやっと排便がなされるようになることは食物繊維が不足して滞留していることがわかります。

食物繊維不足だけで便秘になるわけでなく、運動不足によっても便秘が引き起こされます。体を動かすことで排便に必要な筋力が鍛えられ、自律神経の乱れも整えられる事から食物繊維不足だけで解決するわけではないことも人によってはあり得ます。